七五三の出張撮影で神社の混雑が気になる時

753出張撮影女の子
例年10月、11月の土日は七五三のシーズンでどこの神社も混雑しています。特に大安は混雑が激しく、ご祈祷まで1時間以上待つ場合もあります。そんな中、少しでも空いている時間帯を狙う方法のお話です。ただし、空いていても主役のこどもがご機嫌ナナメになっては元も子もないので、こどもの体調や生活リズムを一番に優先しつつ可能であれば、以下のどれかを取り入れてもいいかもしれません。

1.朝早い時間帯

大安でも朝9時半までは境内は意外に空いていることが多い。9時頃到着して空いているうちに30分撮影できると理想的。

2.午後

大安であっても午後は境内に誰もいないといったこともある。やはりこどもの体力、気力的にも午前中に済ませ、皆でお昼を食べてというスケジュールを組む方が大多数。当然だが、こどもは全力で生きているので、体力を温存といったことができない。そのため、3歳、5歳のこどもは午後の撮影は難しいかもしれない。7歳のお嬢さんなど体力的に余裕があれば午後という選択肢もあり得るかも。

3.ご祈祷中の合間を狙う

混雑していても、ご祈祷中は皆本殿に入ってお参りしているため、写真を撮影するには案外空いているということもある。ただこれは神社によりかなり差があり、都内の有名な神社などはずっと混雑しているということもある。

4.神社に公園や日本庭園がある場所を選択する

神社だけでなく緑の中でも写真を撮りたいということであれば公園が隣接する神社を選択する方法もある。中には立派な日本庭園がある場合も。神社の混雑具合を鑑みつつ、公園での撮影を織り込んでいくのも一つの方法。

5.平日、仏滅に行う

お日柄にこだわらない方も増えていて、空いているので仏滅にあえて七五三をというお客様も増えている。かなり空いているので神社でのご祈祷も、美容院でのお支度も余裕をもってできるのが魅力。平日にお休みできるのであれば平日がオススメだが、雨天時にどうするかも計画しておく必要がある。

6.出張撮影をお願いする会社やカメラマンに聞く

当然のことだが、お客様にとっては一生に数えるほどの回数だが仕事として撮影している会社、カメラマンは色々な場所に出向いて撮影しているので、混雑や場所の特性を熟知している。お参り場所がまだ決まっておらず、臨機応変に変えたい場合は自分の希望を伝えて相談してみるのも一つの方法。

今後の励みになります!
ぜひ応援クリックをお願いします♪
↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする