高感度の使いこなし

七五三男の子

ISO4000, S=1/200, f/5.0
最近のデジカメは高感度で撮影してもノイズが出にくくなってきていて、かなり綺麗に写る。フイルム時代の感覚で高感度を使わないのはもったいない。高感度を用いることによって表現の幅がぐっと広がると思うのでどんなメリット、デメリットがあるのかお話します。

1.高感度っていくつくらいから?

昨今の感覚だとISO1600以上のことを指すと思う。ちなみにフイルム時代はISO800くらいからが高感度って認識だった思う。常用はISO400だったのでそこから1段も露出を稼げるってのはすごい貴重なことで。デジカメの技術競争が激しい昨今、高感度のクオリティはカメラが新しくなるほどに進化が目覚ましい。私の使っているCanon 5D-Mark3ではISO100から25600まで設定できる。

2.高感度のメリットは?

・シャッタースピードを上げることができる

暗い場所でもノンストロボでブレずに撮影できる。ストロボを発光できないホールでのダンスの発表会などで威力を発揮する

・絞れる(f値を上げることができる)

人物が2列、3列と並んでいる場面で全員にピントを合わせることができる。特にフルサイズのカメラはAPS-C機と比べてピントがシビアなので、APS-C機を使用するときより絞ったほうがよい。

・背景が明るく写る

人物をストロボで撮影して、背景が真っ暗なんて写真をよく見るが、感度を上げて撮影すれば、背景が暗く落ち込まずに人物も、背景も両方明るく撮影できる。ただしブレに注意。

デジカメはフイルムと異なり、ISOが自由に設定できるので、シャッタースピード、絞りの自由度が大変高く自由な表現が可能になった反面、自由なので使い方が分からないとせっかくの機能を生かすことができない。一度に全部掴もうとせず、一つづつ必要に応じてテストしていけば次第に高感度撮影の楽しさが分かってくると思う。

3.高感度のデメリットは?

・画質が落ちる

ノイズが出て全体にざらついたような絵になる。特に暗部に顕著なので注意。また、立体感も低下する。

・ブレる

スローシャッターだとブレる。被写体の動きの速さとISO感度がどのくらいでブレるかをあらかじめ掴んでおく必要がある。

・色かぶりする

感度が上がるほど色温度の影響を受けやすくなる。色かぶりしやすい条件(室内やかぶりやすい色の天井や壁などに囲まれているなど)の場合は色温度をオートではなくマニュアルで設定するなどの対策が必要。

今回掲載した写真はISO4000で撮影しています。もしこの場所でISOを上げないで撮影するとなると、被写体の顔を適正にするためストロボを使用しなければなりません。ストロボを使ったら画面左の前ボケは白くぶっ飛んでしまいます。なので、これは高感度だから撮影できた写真。

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする