短時間で多種類の画角の写真を撮影するには

七五三諏訪神社境内家族写真
短い時間で多種の写真を撮影できるスキルを磨くことは出張撮影において重要なスキルだと思う。撮影当日に天候やお客様体調が急変して、撮影がそれ以上できなくなってしまうといったことがあっても、素早く様々な写真が撮影できればお客様になるべく多くのお写真をお渡しできるからです。

1.カメラの位置を動かす

アングル、高さ、引き、中景、アップに縦位置、横位置を多様して同じ場所であっても違う場所で撮ったような写真に仕上げる。このカメラの画角を変えるのと並行して被写体の目線や被写体の人物の組み合わせも変えていくとさらに様々なバリエーションを短時間に撮影することが可能になる。

2.自分が動く

被写体に絵になる場所の中心に立ってもらい、一方の絵を撮影したら自分が反対側に周り撮影する。つまり、被写体には180度振り返ってもらうだけで2種類の背景を撮影するという方法。私はこの方法をブライダルの時に身につけた。ブライダルのロケ撮影では新婦様が裾の長いドレスを着ているため、新婦様が移動する度にドレスを整える必要がありその度に時間がかかるので、移動を最小限に抑えるために行っていた。
同じポイントで2箇所、3箇所と撮影できるポイントを見出すには、空間を色々な方向から見ることが大事。

3.動線を考える

移動する場所、時間などを念頭に、なるべく行ったり来たりが少ないように動線を考える。常に次、その次、さらに先も考え最終的に向かう場所や行うことから逆算して計算する。計算通りにいかなくても、イメージトレーニングして撮影の順番、場所を考えておくことで臨機応変に多様な撮影が素早く可能になる。

私がなぜ短時間で多種類の写真を撮るようになったかといえば必要に迫られたからです。ブライダルのスナップ撮影では分刻み、さらに移動や様々な制限があり、その中で多種類の写真を数多く、素早く、さらに素敵に撮らなければなりません。10年以上撮影する中で鍛えられてきました。デジカメはフイルムではできなかった撮影が可能なので、そのメリットを生かして素早さも撮影の武器にできると思います。

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする