連写撮影のススメ

公園フォト小金井公園撮影会
こどもの写真を撮るようになってから連写で撮影するようになりました。

1.連写すると瞬き写真のリスクを抑えられる

口元が笑っているのに目が閉じているという惜しい写真はもったいない。これは連写するだけで防げる確率が高まる。ただし、むやみに連写するのではなく、笑顔が出てきた時に連写するようにする。そうするとセレクトなどの後処理の時間も短縮できる。

2.きちんと写真を整理する

連写しても写真が撮りっぱなしではもったいない。撮った写真を選別するセレクト作業をすることにより、発見と後悔を味わうことになる。もっとこうすればよかった、という後悔と反省が写真の腕を上げるので、撮影、セレクトを繰り返すことが大事。

3.撮影場所の空気を読む

静かな場所や場面などカメラのシャッター音が目立つ場所では連写しない。

4.普段から連写モードに慣れておく

普段から連写モードで撮影に慣れておくことが重要。連写モードにしていても一枚づつ撮影もできるようにシャッターボタンの押し加減を練習しておく。これができるようになればいちいち撮影モードを変更しないで臨機応変に撮りづつけることができる。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする