英語の勉強を始めた理由

shibuya-crossing-photo shibuya-photo

お宮参りの出張撮影の時、英語が話せないのが私だけだった

以前からお宮参り、七五三の出張撮影の
お客様のご家族が英語圏の方ということが度々あった。

ご家族の中で、パパが英語、
ママが日本語が話せるということが大半だったため、
私は日本語で撮影していました。

しかし、ある時、
3世代のご家族の撮影の時、

英語が話せないのは私だけということがあり、
お客様に通訳してもらいながら撮るのは申し訳ない、という気持ちと、

直接自分の言葉で話してコミュニケーションをとり、
より素敵な写真につなげたいと強く思うようになりました。

英語教育に力を入れている幼稚園へ撮影に行くようになったから

5年ほどまえより、
暁星国際学園新浦安幼稚園様の撮影を専属で担当しているが、
幼稚園様が英語教育に力を入れており、
外国人の先生も大勢いらっしゃる。

当然英語が飛び交っており、
これは英語を覚えるチャンスだと捉えて日々勉強しています。

私は物覚えが早い方ではないので、
かなりゆっくりとしたペースではあるが、
継続して勉強し、
2年後には訪日観光客の撮影を定番の仕事に加える予定です。

今年の春には初めてニューヨークからのお客様を撮影し、
なんとか英語オンリーでの撮影をしました。
ニューヨーカーはすごい早口で圧倒されました(笑)

今後の励みになります!
ぜひ応援クリックをお願いします♪
↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする