ストレッチとの出会い

フォトグラファーの職業病といえば肩こり。
私も肩こりからくる頭痛に悩まされることもしばしば。
たまに整骨院に通ってしのいでいました。

ところでこの夏、小室さんはテニスにはまり、
65時間テニスをしました。
そんなわけで足の指が痛み出した小室さん。
コーチに相談すると、

コーチ:「マッサージ、ストレッチなどしていますか?」

小室さん:「……」

コーチ:「疲れの蓄積を放置すると痛みにつながりますよ。
膝が痛い人とかになっちゃいますよ! 」

小室:「え!そーなの?」

これまで運動経験皆無の小室さんは
そんなことも知らなかったのです。
恥ずかしい……

怖くなった小室さんは整骨院に駆け込みます。

先生:「テニスで怪我する人は練習後に体操していない人が多いですね。
整理体操こそが重要で、疲労回復を促すために欠かせないんですよ  」

小室さん:「そーなんですね、毎日やってみます」

足の指を広げてみたり、
ふくらはぎを揉んでみたり、
なんとなくやるものの、
もっと色んな筋肉をほぐしたいという欲求が生まれます。

そして、ストレッチの本に出会いました。
この本が本当に当たりで、
道具を使わずにできるストレッチが無数に紹介されています。
しかも、目次から自分の状態に合わせて、
好きな部分のストレッチだけできるように構成されています。

本でストレッチを説いたものは、
複雑な動きを平面で説明していて
わかり辛い印象を持っていたけれど、
この本は目的別にここの部分を伸ばす、
ということが明解に示されていて、
寝る前に簡単できる。

これまで伸ばしたことがない筋肉を
ストレッチするのが気持ちよくて、
寝る前に10種類くらいやっている。
簡単だから次々できてしまうのです。

体のメンテを考え始めたら、
体によくない食べ物を敬遠する気持ちが芽生え始めてきて、
好循環につながっている。
たまにはスイーツ食べていますけどね。

今後の励みになります!
ぜひ応援クリックをお願いします♪
↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
にほんブログ村

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする