アルバム用写真を選ぶコツ

七五三アルバム
これまでブライダル、お宮参り、七五三のアルバムを1,000冊以上編集してきました。アルバムに載せる写真を選ぶ時のコツ、編集する時に気をつけていることのお話です。

1.写真を3種類に大別する

撮影した写真を以下の3種類に大別して捉え、それぞれを意識しながら写真をセレクト、編集するとバランスよくまとまる。

・人物カット

人物が主役の写真。

・風景カット

人物が極端に小さく写されていて風景の一部のような写真。

・イメージカット

建物、衣装、小物など人物以外の写真。

2.一番いい写真を選んで表紙にする

アルバムの目的に合わせて表情、背景がベストな一枚を選んで、表紙に採用する。ブレ、ボケがないか慎重に確認する。

3.大きくしたい写真を数枚選んでおく

表紙の写真の次にいい写真を数枚選んでおく。大きく伸ばすのでブレ、ボケのないことを確認。

4.種類の違う写真を取り混ぜて選ぶ

人物カット、風景カット、イメージカットをバランスよく選ぶ。アルバムを作るとき笑顔の写真や顔がアップの写真ばかりになってしまっているものを見かけることがあるが、表情がいい写真でも連続してたくさん載っていると良さが引き立たないばかりかうるさい印象になってしまう。そのため、人物カットばかり連続しないように、風景カット、イメージカットを散りばめるのだ。

5.人寸、アングルの違うものを取り混ぜる

人物の寸法、すなわち人寸が同じものばかりだと単調になる。また、カメラアングルも同じものばかりだと単調になるので、様々なものを混ぜる。これは選ぶ時というよりそもそも撮影時に撮っていないと選べないので、撮影時にありとあらゆるアングルから撮っておく必要がある。

6.ページの初め、終わりは余韻が残る写真を

初めと終わりはイメージカットや風景カットなどで余韻が残るものにするとアルバム全体に広がりがでる。

7.写真を詰め込みすぎない

1ページに1枚の写真、または見開きの2ページに対して1枚の写真を載せたり、写真を大胆に大きく使うとアルバム全体に動きとリズムがでる。また、1ページに細かく写真を載せすぎると目線の行き場がなくなり、写真が生きてこないので視線の動きも意識して枚数、大きさに注意しながら編集する。

写真が足りない、とアルバム編集の時に何度思ったことか……アルバムを作るためには写真の枚数だけたくさんあっても意味がありません。写真のバリエーションがたくさんないと素敵なアルバムにならないのです。笑顔の写真が上手く撮れるだけではアルバムとして成立しないのです。笑顔の写真はもちろん、その日の天気、訪れた場所、一緒にいた人々、景色、置いてあった小物など、目に付いたものをたくさん撮っておくと、笑顔の写真が引き立つようにアルバムを構成できます。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする