確定申告のこと

沖縄の青い海
毎年確定申告の時期になると憂鬱でした。去年までは。今年は自分なりに勉強して青色申告にチャレンジし無事終了しました。会計のことはさっぱり分からなくてこれまで敬遠してきましたが勉強し始めるとお得なことが次々にでてきて、俄然面白くなってきました。

1.私の2015年分までの確定申告について

2015年分の申告まで白色申告をしていました。MFクラウド確定申告は使用していたが青色にするメリットを知らなかったため、白のままでいいと漠然と過ごしていた。

2.青色申告のメリットは?

・一括で経費にできる額が30万円未満

白色申告の場合、10万円以上のものは減価償却しなければならない。私の場合で言えばカメラのボディを10万円以上で買ったら、5年に渡って少しずつ減価償却せねばならず、計算が面倒な上に買った年に全額経費にならないのが辛いところだった。
それが青色にすれば買った年に全額経費にできるのだ。

・売上済みで未入金の額が把握できる

売上がたった日(私の場合撮影日)と売上が振り込まれた日をそれぞれ記帳しなければならないので一手間増えるが、撮影したけど振り込まれていない案件が明確になった。
白色の時は納品する前に都度入金を確認していたので全体を俯瞰できずにいた。

 ・支払う税金が少なくて済む

これが最大のメリットとモチベーション!30万円未満の一括償却に加え、65万円の特別控除を利用できるので、支払う税金が少なくなる!

3.MFクラウド確定申告を使うメリットは?

・締め切り間際に慌てなくて済むようになった

今年度、2017年度の経理処理を現在リアルタイムでMFクラウド確定申告に入力している。毎年2月に慌ててやっていた憂鬱な時間を過ごさなくて済む。

・毎月の売上、経費が一目で分かるようになった

青色で申告するまでは今月の売上は……とスケジュール帳を見ながら足し算していた。今はMFクラウド確定申告の画面で一目で分かるよう管理できている。

・経理が少し分かるようになった

売掛金、買掛金の意味が分かるようになった。これは私にとってすごい進歩(笑)

実は2016年度の確定申告も白色で申告すべくほぼ準備を終えていた。
節税できないかな、と調べているうち青色申告の方が有利と知り3日ほどでやり直したのである。
MFクラウド確定申告では白色、青色の両方が選択できるので青色を選択し直し、お金の出入りを複式簿記で付け直した。経理の素人でも簡単にできる、と見かけることが多かったが、私の場合、実際には売掛金、買掛金、個人のクレジットカードの支出の処理方法など結構苦戦した。
ただ、その辺りのルールさえ一度分かればお金の流れが明確に分かるし、処理の時間もわずかなのでフリーランスの方もぜひ青色に挑戦してもらえればと思います。

OLからフリーの出張撮影フォトグラファーへ転職。フォトグラファー歴13年。東京都在住。
ナチュラルこどもしゃしん★フォトグラファー小室直子
【HP】http://566photo.com
【趣味】テニス、スキー、写真を撮りながらのハイキング、ブロカント、時刻表好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする